快捷搜索:  as

日本专利免费网上检索方法

 如何从日本专利厅网页上免费获得专利的方法和如何进行网上检索的方法
               
    日本的专利(特许)、发明、实用新案等可以从日本专利厅的网页上免费获得,其方法简单,我们只要按照下列步骤进行。
    按照图1的提示输入网址,然后点击就会出现日本专利厅主页。
日本专利免费网上检索方法
图1

输入日本专利厅网址:
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

接着我们用鼠标或者用“Page Down”将画面往下会出现(图2)图象的网页。
 
                图2

鼠标双击左下方的这个栏目
 

点击图2所示的“电子图书馆”,会出现图3的画面。在图3网页上会出现八项检索键:
 
“专利实用检索”、“意匠检索”、“商标检索”、“外国文献检索”、“审判检索”、“经过情报检索”、“其他情报检索”、“文献蓄积检索”。
查找专利我们就按照图3的提示操作。
 
            图3

点击“专利实用检索”键后出现下面图4的各种检索项目。

   
图4是查找日本专利的几种方法。有专利号索引、有分类(国际专利分类法、日本专利厅自己的分类法)索引和主题词索引。
                 图4

3)IPC是国际专利分类,是多层面分类检索(组合式分类)
 
1)和2)是使用专利号来检索。

当我们从某种文献中已经知道专利号,可以点击图4的“1)项”或者“2)项”。点击1)项出现的画面为图5,点击2)项出现的画面为图6。
 
                 图5
点击该键“文献蓄積情報”可以了解专利检索的范围。
小空格输入文献的种类,文献种类按照上面的提示。大空格输入年号和专利号。
 
按照图5的说明进行已知专利号的索引。
年号符号“S”是昭和,“H”是平成。昭和1926年起到1989年,平成从1989年开始。
 
图6

点击该键“照会可能範囲”可以了解专利检索的范围。
只需输入年号和专利号。

图6的操作方法同图5,所不同的就是图6的检索不用输入文献的种类。
当我们想要作分类检索时就点击图4的“3)项”,点击后出现图7的画面。
 
                  图7

点击该处分类参照键,出现下列网页
输入分类号或者分类组合号作检索。

     图7上方的方形框内的操作说明是知道分类号的情况下的检索。但是一般查找专利的人员是不会知道国际专利分类法的,专利查找网页考虑到这些情况,在网页上有一个分类导航系统点击键。我们可以按照分类导航系统得到自己要查找的类目。图7的花边形框内的操作说明就是引导我们去参照分类体系。点击花边形所指的键后出现下列图8的画面。
 
                 图8

分类参照键“IPC照会”,点击该键就出现一级类目,顺着该类目导航,不断点击,可以找到要找的分类号,然后根据分类号来检索。
 
1)特許・実用新案公報DB(文献番号から参照できます。)
2)特許・実用新案文献番号索引照会(特許・実用新案の各種公報を、各種番号から参照できます。)
3)IPC検索 (情报处理中心)特許・実用新案の各種公報を、IPC、ファセット(面、刻面)を用いた検索にて参照できます。
4)FI・Fターム検索(特許・実用新案の各種公報を、特許庁内で利用しているFターム、FI、ファセットを用いた検索にて参照できます。)
 5)公開特許公報フロントページ検索
公開特許公報のフロントページ(書誌的事項、要約、代表図面)及び主な経過情報を、テキスト検索又は文献番号から参照できます。
6)PAJ検索(英語表示)
7)公報テキスト検索 特許・実用新案公報(公開、公告、登録)を、書誌的事項・分類(FI、IPC)・要約・請求の範囲のテキスト検索にて参照できます。
8)パテントマップガイダンス(FIやFターム(术语、项)、IPCの説明をキーワードを用いた検索にて参照できます。)
パテントマップガイダンス(英語版) (パテントマップガイダンスを英語により参照できます。)
9)パテントマップガイダンス(旧) (专利图导航)
平成12年10月以前のIPC一覧、FI一覧、Fターム解説及びFタームリストを参照できます。
10)パテントマップガイダンス(テーマコード表)
FIテーマコード及びFタームテーマコードの改廃情報等を参照できます。
 
使用新方案
图案设计
インデキシングコード  变址、标引
IPC国际专利分类法
コンコーダンス一  检索用语
特許電子図書館では、明治以降発行された特許・実用新案・意匠・商標の公報類約4,800万件とその関連情報について、検索・利用していただけます。また、海外における権利保護強化と国際的な貢献という観点から、公報掲載等のデータなど基本的な情報を英語で検索・利用することもできます。
网上专利图书馆可以用于检索和获取明治以后发行的专利、使用新方案、图案设计、商标等公报类约4800万件的相关信息。并且从加强权利保护和多作国际贡献这两个观点出发,公报刊登的数据等基本信息可以用英语来检索和获取。
以上文章转载于网络及国家知识产权局网站,如文章对您有侵权行为请尽快联系我们删除。

您可能还会对下面的文章感兴趣: